ブラジリアンワックス

ビキニラインの処理にはブラジリアンワックスで

デリケートゾーンのお手入れの仕方が分からないという女性は多いです。デリケートゾーンの自己処理はなかなかキレイに出来なくて困っている女性はたくさんいます。自己処理で一番簡単なのはカミソリで剃ることです。しかし、カミソリでの処理は肌トラブルの原因になるので出切るだけ避けた方が良いです。脱毛してしまうのが一番良いのですが、脱毛は一回では終わらず最低でも一年以上通う必要があります。水着を着るために処理する必要がある時には効果がありません。急遽キレイにビキニラインを処理したいのならブラジリアンワックスが最適です。
ブラジリアンワックスは、専用のワックスをビキニラインに塗って、その上に布や紙を貼り付けて、いっきに剥がします。短すぎる毛は抜けないので、その時はピンセットを使って抜きます。ブラジリアンワックスの良い所は、毛根から毛を抜くので、しばらくの間は毛は生えてきません。しばらくの間ツルツル肌が持続します。また、カミソリで剃ると毛が生えて来る時にチクチクしてしまいますが、ブラジリアンワックスだと毛が生えてきても毛先が鋭くなっていないので、チクチクすることがありません。古い角質も取れるので肌がキレイになります。
ビキニラインの施術をする場合は、専用の紙パンツが用意されている場合が多いので恥ずかしいことはありません。また、ブラジリアンワックスはビキニラインだけではなく全身することが出来るので、旅行前とかに行かれる方が多いです。

ブラジリアンワックスによるトラブルとは

ブラジリアンワックスは、デリケートゾーンのムダ毛が生えている部分に薄くワックスを塗り、専用の布を上から当てて、乾かしたあとにワックスが固くなったら一気に引き剥がしてムダ毛をなくす処理方法です。ムダ毛を一度に毛根から抜き去る事が出来るので、施術後は処理した部分の肌が無毛になります。 しかし、どんな方にも向いている脱毛方法ではなく、敏感肌には適していません。敏感肌に適した脱毛方法は脱毛ラボでの脱毛です。

アンダーヘアとブラジリアンワックスのデメリット

アンダーヘアをブラジリアンワックスで脱毛すると色々なデメリットがあります。 まず、ブラジリアンワックスとは何かというと、アンダーヘアを毛根から一気に抜きとるという脱毛法なんですが、これが意外に流行しているそうなんです。 このブラジリアンワックスが流行している理由は、手軽である点や比較的リーズナブルな点です。 ただし、手軽でリーズナブルな方法ではあるものの、次のようなデメリットがあるのです。
そのデメリットとは…
・アンダーヘアがすぐ伸びてきて手入れが面倒
・毛を抜き取る時にすごく痛くて我慢できない
・皮膚が腫れたり炎症を起こすことがある
・カブレや毛穴ポツポツなどの肌トラブルが起こる
すべての人がこうなるわけではありませんが、使用する時には充分に注意したほうが良さそうですね。 その他にも、脱毛サロンの効果も評判が良く、中でもよく見かけるのはエピレ口コミでしょうか。TBCから誕生したということも評判の高さにあります。
肌に優しいワックス剤を使用していますが、ムダ毛を一気に引き剥がすのは皮膚に大きな負担を与えてしまうためです。 毛のない皮膚まで一緒に引っ張られ、強い痛みも感じるので肌が弱い場合は刺激を受けて肌トラブルが起こる可能性があります。
また、ブラジリアンワックスによる脱毛は、一気に肌にある毛根を毛ごと引っ張り出すために、処理後に毛穴が開いてしまいます。開いた毛穴から雑菌などが入ると、赤く炎症を起こして吹き出物ができるなどのトラブルもありますし、日焼けをした肌に行うと、肌が傷ついてしまいます。 レーザーやフラッシュを使用した脱毛施術と違い、しばらくすると毛が生えてくるので、繰り返し施術を行う必要があります。 定期的にブラジリアンワックスを行うと、肌への負担が増して肌にポツポツとした鳥肌のようなものや赤み、敏感肌などの肌トラブルが起こりやすくなります。また、ワックスを引きはがす刺激により毛根や毛穴が影響を受けて、毛穴がふさがったり、柔らかくコシのない毛が生えてきて、毛穴の出口にある角質を突き破って伸びることができず、皮膚内部に埋没してしまう埋没毛になる恐れもあります。